サイト内検索
   
LINKS
自己紹介
その他
    処理時間 0.034265秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
 

自動車保険の無事故割引等級制度が変わります
自動車保険には割引制度があります。新規で自動車保険に加入すると、6等級が付与され1年無事故で1年満期を迎えると7等級にあがります。にかっ1年間無事故で安全運転をしたご褒美です。20等級までいけば63%も基本料金から割引されます。(保険会社によっては22等級まであり)

逆に事故があると3等級ダウンします。懲罰みたいなもんです。。。ぎょーんぎょーん

そこで疑問がわきます。無事故で15等級の人と事故を起こして15等級になった人。どちらも同じ保険料です。むむっ無事故の人と事故ありの人が同じ割引率という矛盾がありました。確かに後者は18等級まで無事故でいましたが、現実に事故を起こしています。高齢化で視力や注意力が落ち事故を起こしたのであれば、事故の発生確率は間違いなく前者より高いはずです。むむっ

という事で2012年10月1日始期以降の契約分から、事故を起こした人は「3年間事故ありの割増引率」を持ち、事故を起こしていない同じ等級の人よりも3年間高い保険料を払い続ける事になります。とほほあうっあうっ

事故を起こしたくて起こす人はいませんが、今後より慎重な運転が求められます。自分の等級で試算しましたが、なんと今回の改訂で保険を使用した場合、「70,000円」の負担増とう試算結果が出ました。
適用は来年の10月1日以降になりますので、2011年10月1日から発生した事故で同日以降の始期の契約の人は、保険を使用するか否か慎重な検討が求められます。ふう。大変です。

自動車保険は何処の会社も赤字もしくは若干の黒字というぐらいビジネスとしては難しい保険種目です。個人的には、火災保険や傷害保険利益が出るのだから、その原資でやりくりして欲しいです。汗汗

しかも今まで盗難事故や窓ガラスへの飛び石による損害など、契約者に落ち度の無い事故は「等級据え置き事故」といって、保険を使用しても同じ等級で更新ができました。
それも廃止になります。とほほ。今後は1等級ダウン事故となります。

以前は人身4等級ダウン・物損事故は2等級ダウンという時代もありました。このほうがまだ契約者の負担少ないです。あの時代に戻りたい。


東京海上日動のサイトから抜粋】


| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2012年 |
ソニー損保のアプリ戦略
ソニーといえば、多くの人は家電メーカーとして先進的なイメージを持っています。にかっ
世界のSONY・・なにかとアップルと比較され最近はジリ貧ですが、SONYのブランドイメージと技術力は健在です。

そんなDNAを持つSONY損保が自動車保険のスマホアプリを開発しました。lovelove流石です。既存の損保とは発想が違いますね。
いずれはカーナビに組み込み保険と連動なんて事もできそうです。実際の走行データから法定速度遵守の人は割引とか・・・にひひ
そんな事はさておき、このアプリは契約者以外でも使えるという太っ腹!

なにが良いかと言うと、このアプリには「ドライブレコーダー」の機能が搭載されています。

保険会社にとってのメリットは、
①契約者が使えば、事故の示談交渉時に有利。もちろん契約者を守る為です。心強い!にひひ
②常に記録されている事で、事故の抑止・安全運転の推進!
③アップル・アンドロイドマーケットに登録することで大きな宣伝となる。

契約者のメリットは、
①ドライブレコーダーが無料でもらえる。万歳にぱっ
②万が一事故に巻き込まれても客観的な証拠がある。

ドライブレコーダーは単体で買うと5,000円はしますので、本当に助かります。
お勧めのアプリです。

最近はスマホの勢いがとまりませんので、自動車保険ダイレクトでも積極的に扱っていきたいと思います。

アンドロイド版のダウンロード
アイフォン版のダウンロード

【ソニー損保ニュースリリース・2012年7月末】

ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:山本 真一、以下「ソニー損保」)は、お客様のカーライフをより安心で快適なものにできるよう、常に携帯することの多いスマートフォンについて、提供するサービスの一層の充実を図ります。

具体的には、ご加入の保険会社にかかわらずご利用いただけるスマートフォン向け無料アプリケーション(以下、アプリ)「トラブルナビ」「ドライバーズナビ」の機能を強化します。7月23日に新設したスマートフォン専用ページと合わせて、日常の車のご利用から万一のトラブル時まで、カーライフをトータルにサポートすることで、多くのドライバーの方に安心感を携帯していただければと考えています。

| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2012年 |
このページの先頭へ