サイト内検索
   
LINKS
自己紹介
その他
    処理時間 0.08742秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
 

三井住友海上・あいおい損保・ニッセイ同和の3社が09年秋にも経営統合!
2008年度末のご挨拶を終わらせたばかりですが、ビックニュースです。三井住友海上・あいおい損保・ニッセイ同和の経営統合の話題が出ました。俄かには信じられない話ですが実現すれば業界の勢力図が一変されます。

長年の栄華を極めていた東京海上の首位陥落・・・・。まさかこの3社が統合なんて夢にも考えられないことです。

もとは三井海上・住友海上・千代田火災・大東京火災・同和火災・ニッセイ損保と6社でした。今は3社になり、来年には1社に!ぎょ損害保険会社はますます数が減っていきますね。となると心配されるのが寡占化に伴う価格決定力の拡大です。消費者としては多くの企業が存在し、自由競争により価格が決定される。神の見えざる手が希望です。あうっ

ヤフーニュースから引用

【損害保険大手の三井住友海上グループホールディングス、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社が09年秋にも経営統合することで最終調整に入ったことが28日明らかになった。統合が実現すれば、一般事業会社の売上高に当たる保険料収入の合計で東京海上ホールディングスを抜き、損保業界トップのグループが誕生する。ぎょ

 景気後退による市場低迷や金融危機に伴う業績悪化に対応し、ぎょーん経営統合で業務の効率化を進め、競争力を強化する狙いとみられる。損保業界の勢力図を塗り替える大型再編が実現すると、生命保険や銀行など金融業界全体の再編を加速することも予想される。1月中にも最終判断する。統合の形式は持ち株会社方式が有力とみられ、将来的には合併も検討する。統合でシステム効率化などの経営合理化が図るとともに、営業基盤を拡大して競争力を高める効果が期待される。

 08年3月期決算の保険料収入は、損保業界2位の三井住友、4位のあいおい、6位のニッセイ同和の3社を合計すると2兆7000億円を超え、首位の東京海上の約2兆2000億円、3位の損害保険ジャパンの約1兆3000億円を大きく上回る。損保業界は、国内の景気悪化による新車販売の不振や住宅市場の冷え込みで、主力の自動車保険や火災保険の販売が頭打ちとなっている。少子高齢化による市場の縮小も販売低迷を招いている。

 さらに、金融危機の深刻化で金融市場が混乱し、損保各社が保有する株式や証券化商品などの価格が急落して08年9月中間決算では大幅な損失を計上。三井住友、あいおい、ニッセイ同和の3社の最終(当期)利益も前年同期比で大幅な減益となった。】



| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2008年 |
大和生命の破綻・・・自動車保険は大丈夫かな?
サブプライムに発する金融不安の影響で日本の保険会社が破綻しました。7年ぶりの出来事です。ぎょプレスリリースにも書かれていますが、積極的な資産運用をせざる得ない状況との弁明がされています。意味不明。ぷん

生命保険契約は自動車保険とは額が違います。自動車保険の車両・対物で言えば修理代が200万・対人でも任意使用分が500万も行けば大事故です。一方生保は1件で何千万円もの保険の支払いが日常茶飯事です。自動車保険で1件で何千万円もの支払いを経験するのはベテラン査定マンぐらいでしょう。まあ額は違えど、生保も損保も健全に資産を運用する必要があり、リスクを取る運用の意味が分かりません。個人年金の高利回りの商品が多かったのでしょうか?

仮に自動車保険会社が破綻した場合、「損害保険契約者保護機構」があるから安心です。破綻損害保険会社の保険契約者等を保護し、保険に対する信頼性を維持することを目的として、保険業法に基づき1998年12月に当時の大蔵大臣の認可を受けて設立された法人です。また個人の自動車保険は短期契約が多いので、仮に破綻しても容易に次の会社に移れます。にひひ

大和生命プレスリリースより
【当社においては、これまでの長年の経営の中で構造的に多額の事業費が生じる財務体質にあり、積極的な資産運用によって事業費負担を填補する財務運用方針を継続して参りました。当社はかかる財務運用方針の下、超過収益獲得のためリスク・リターン・バランスを考慮しつつ、オルタナティブ資産への投資も比較的多く実施し、同財務運用方針に基づき平成17年度及び18年度においては高い運用実績を確保して参りました。

しかしながら、昨今の世界的な金融市場の混乱、信用収縮により、当社が資産運用事業のために保有していた有価証券について想定外の急速かつ深刻な価値の下落により、遺憾ながら平成20年度中間期決算は当期純損失110億4,300万円( 見込み)、会計上の債務超過額が114億9,000万円を見込むに至りました。当社は、マーケット環境の急速な悪化の中で、財務状況の改善のため、また本年4月以降は自己資本の増強を図るべく新たな投資家を募るため、あらゆる手段を尽くして参りました。

しかしながら、信用収縮の規模は予想を超えたスピードで進み、また昨今のマーケットの急速な悪化という状況下において投資家候補者との間での合意に至ることもできず、今般の大幅な資産劣化を食い止めることができませんでした。

本業の生命保険事業においては、平成19年度の保険料等収入が10年ぶりに対前年比増加となるなど順調に業績を伸ばしている中、想定外の資産劣化のために本申立を行うに至ったことは極めて遺憾ですが、当社としては保険契約者の利益を保護することが最も重要かつ重大な使命であるとの認識の下、一刻も早く再建の途を模索することが最良の策と考え、会社更生手続きの下での早期の事業の再建を図るべく、本申立を決断いたしました。】

| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2008年 |
日本興亜損保もわかりやすい自動車保険に改定
保険金未払い問題以降どこの保険会社も商品内容の見直しに必死です。はうーダイレクト系の自動車保険は元々自動車保険の内容自体がシンプルなのであまり改定の話は聞きません。逆に国内の大手損保は商品内容が複雑多岐に渡っており、損保社員が見ても分かりませんぎょーん

自動車保険の約款はそもそも分かりにくい条項が多い。例えば搭乗者傷害保険で「日常生活に支障がある期間について支払いますしくしくという有名な条項がありますが、判断基準が難しいですね。その後部位症状別支払いの商品が発売され、打撲ならいくら。骨折ならいくら。と分かりやすい基準が明示されました。全ての保険はこうあるべきだなあ思います。ぽわわ

保険が全く分からない消費者向けの自動車保険。簡素化は当然の流れですね。保険不信は思いのほか根が深いです。この問題について、損害保険会社はこれからも継続的に取り組むことが要求されています。にかっ


【日本興亜損害保険株式会社(社長:兵頭 誠)では、「お客様の声」(お客様・代理店からいただいた苦情・ご意見・ご要望)を積極的に業務品質の向上に活かすPDCAサイクルを構築・実践し、商品・サービスの改善とお客様満足度向上に努めておりますが、この度、個人向け主力商品である「カーBOX」をはじめとした自動車保険について、補償・特約の統廃合や、お客様向け帳票の改善などを行い、商品改定を実施しますのでお知らせします。(保険期間の初日が2008年12月以降の契約より

また、カーボンニュートラル化(CO2排出ゼロ企業)を目指す弊社では、お客様が保険証券および約款の発行を不要とする「Web確認」をお選びいただいて契約された場合、弊社が一定額を提供して温室効果ガス削減事業から創出される排出権を専門業者を通じて調達する仕組み(カーボンオフセット)を導入いたしました。自動車保険商品の販売を通じて、CO2削減による地球環境への貢献ができればと考えております。】
出典は日本興亜損保ニュースリリース
| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2008年 |
自動車保険料の値上げ
ぷんすか大手損害保険会社である東京海上・三井住友海上が自動車保険料を引き上げるというニュースが発表されました。
あり得ません。ぷんすか

自動車保険市場は既に飽和市場で限られたパイの食べ合いです。近年はコンパクトカーが流行で自動車保険料が稼げない。割引等級が進行して契約件数は変わらなくても保険料が減収した。ぎょーん

収益が出にくい体質を改善する為に、自動車保険料率の引き上げ。消費者はどうすればいいのでしょうか?チョット一方的ですよねえ。確かに自動車保険会社は多くありますので高ければ他の会社に契約すればいいだけですが、業界のTOPが倒産したら大変な事になります。損保経営側とすれば倒産よりは保険料値上げ!って感じですかね。ニヒル

けど東京海上・三井住友の両社は総合職で入社すれば年収1,000万は容易い高給取りの会社です。まずは人件費の引き下げが優先じゃないかなあ。・・・貧乏性のボブでした。

ヤフーニュースから引用

「東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険は、自動車保険の保険料を7月から引き上げる。上げ幅は東京海上が平均1.5%、三井住友が同1%。東京海上は6年ぶり、三井住友は2年ぶりの引き上げで、4月から平均1%引き上げている損害保険ジャパンに追随する。

 東京海上の場合、加入者が30歳以上で対物・対人賠償が無制限、運転者らの人身傷害3000万円、車両保険なしの標準タイプで保険料は年4万2410円から4万2660円に上がる。

 自動車保険料は損保の保険料収入全体の半分近くを占める主力商品。最近の新車販売の不振などで保険料収入が低迷しており、保険料引き上げで増収を図る。ただ、保険料引き上げで、格安の保険料を売り物にしている外資系などの攻勢が強まる恐れもある。」
| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2008年 |
自動車保険をスーパーで販売
1997年の保険自由化以降、今まででは考えられないような売られ方で保険が売れている。ぎょ通販で自動車保険がダイレクト販売されたり、一括比較見積もり会社が現れたり以前は想像すら出来ませんでした。このように選択の幅が広がる事は大歓迎です。にかっ

 自動車保険は国内担保ですので、海外の保険事情は全く気にしていませんでしたが、海外でも同じような流れが起きています。跳ね馬の国イタリアでもスーパーで自動車保険を販売開始とのニュースを発見しました。残念なのはその割引率。しょぼん最大で50%引きです。日本では6割近く割り引いてくれますので、まだまだですね。

けどイタリアは自動車保険料が高いですねえ。日本じゃ考えられない高水準です。

カービューから引用
「安売り食品のついでに、自動車保険もいかが?---こんなサービスがイタリアで始まった。欧州各国で展開するディスカウントスーパー「リデル」(Lidl)のイタリア法人によるものだ。イタリアの保険大手ゼネラリのオンライン販売部門ジェネルテル(Geneltel)との提携で実現した。リデルが発行するカード番号を、ジェネルテルのホームページもしくは専用ダイヤルで入力または告げると、保険料金が他社と比べて最大50%も割安になるのが売りだ。

イタリアの自動車保険は、日本のような自賠責保険+任意保険の2階建てではなく、1階建てである。自賠責保険が基本的賠償すべてをカバーし、かわりに保障金額はユーザーが選択する。車両保険等は、それに付随するオプション扱いである。

問題は各保険会社が独自に決めている自賠責保険料で、EU加盟国中最も高額であることだった。とくに事故発生率の多い南部で若年ドライバーの保険料が極めて高額なのも、かねてから指摘されていた。消費者保護団体アドゥスベフ(Adusbef)の調査によれば、28歳のドライバーの平均年間保険料は、ローマ在住では850ユーロ(約13万4000円)のところ、ナポリでは1100ユーロ(約17万3000円)にまで跳ね上がる。

近年イタリアでもネットや電話申し込みによる割安自動車保険がシェアを拡大していたが、その割引率が最大でも3割前後だったのから比べると、リデルの5割引は大きい。

リデル・イタリアのリューティガー・カッシュ会長は、「わが社の使命は、品質と価格のバランスがとれた商品を提供していくこと。食品にとどまらず、ドライバー向けサービスにも大きな可能性があると考えている」とコメントしている。」
| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2008年 |
交通事故初期対応サービスの充実化
アクサダイレクト土日の交通事故対応サービスを開始しました。ぎょ金融業もサービス業。土日は休みと言う体制は壊れつつあります。

交通事故は緊急事態。土日も正社員のサービスが受けられるのはありがたいですね。にかっけど土日の対応ってそれほど需要があるものなのでしょうか?汗交通事故事件は損害賠償事案ですので、土日にどうしても連絡をとり対応を要する事があるとは考えられません。

 金銭的な問題であれば立替すればいい訳ですから、平日保険会社に連絡すれば問題ありません。どんな事でも同じだと思いますが、大至急という内容で大至急なのはあまりありません。思いつくのは救急救命ぐらいですね。土日のサービスもいいですが、土日はしっかり休んで平日にスピーディーな対応をしていただく方が契約者にとっては嬉しいと思います。てへっ

以下サイトリリースから複写
「アクサ損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石田 一夫、以下「アクサダイレクト」)は、3月1日より、正社員による休日の初期対応時間を拡大します。
 これは、事故通知の多い休日の対応を充実させ、お客様へのサービスの質および利便性の向上を図ることが目的で、平日、休日にかかわらず、19:00までに通知を受けた事故について、相手方、修理工場、医療機関等関係先への連絡と、お客様への結果報告を含む初期対応を、正社員が行うというものです。正社員の起用は、保険事故に対する判断領域を広げ、より迅速な事故対応を可能にします。そのため、お客様により一層の安心をご提供する上で、大変重要な要素であると、当社は考えております。
 また、当社では保険金支払いを迅速に行うためのサービスとして、「クイックサービス」を実施。専任チームを設け、車両保険や対物賠償保険に関わる事故の早期対応を行っています。今回、当社独自の満足度調査において、試験的に行っていた休日の「クイックサービス」への満足度が高いことから、休日のサービス時間を延長するなど、休日でも平日同様の対応ができる体制の拡充を図りました。これにより、当社契約者に100%過失のある物損事故については、休日でも17:30まで、正社員の担当者が、示談交渉を含む幅広い事故対応サービスを、ご提供できるようになります。」

| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2008年 |
東京海上日動火災も自動車保険の簡素化を決定!
 自動車保険は元来簡単なはずです。それが特約ギガマックスで商品内容が分からなくなりました。はうー

2005年の保険金未払い問題の発生を活かし最近は自動車保険を簡素化する方向に向かっています。にぱっこれで保険素人にもとっつきやすくなりました。ボブとしては特約を一切なくして簡素な保険を販売して、特約はつけたい人だけに情報提供するなんて感じがいいですね。

レスポンスより引用
「東京海上日動火災保険は、今年5月にスタートする「商品・事務・システム抜本改革」の第一弾として自動車保険の商品改定を実施すると発表した。7月保険始期の契約からの商品が対象。今回の改定は、大規模なシステム投資を行った上で、商品・事務・システムを顧客の視点でゼロから設計し直し、「万が一の事故の際のあんしん」だけでなく「自動車保険にご加入いただく際のあんしん」をコンセプトに、商品の「簡素化」と「高付加価値化」を両立を図った。

同社は5月以降、業務プロセスの革新を目指す「抜本改革」をスタートする。今回の自動車保険の商品改定はその第一弾となるもので、抜本改革の基本方針の下、商品基盤を共通化する。その上で、複雑化した自動車保険を分かりやすく簡素化したり、自動車保険の内容の理解を深めるため、重要事項説明書やパンフレットを刷新、「ご契約のしおり」を新設する。また、「自動車保険ご案内デスク」も開設する。 」
| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2008年 |
新しい損害保険会社の誕生です。
 損害保険業は許認可業です。契約者保護の為に会社の設立には国の認可が必要です。初心者

資本金の問題など保険会社の設立には多くの通過点がありますが、この度新たに「SBI損害保険株式会社」が、めでたく認可を受けました。にかっソフトバンク系列と言うことで、通販で保険を販売する可能性もあり今後が楽しみです。

プレスリリースによれば営業開始は平成20年1月16日。社員数をみると現状35人ですので、自動車保険を発売するのは難しいですね。

ボブとしては通販自動車保険業界への参入を期待しています。
| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2008年 |
このページの先頭へ