サイト内検索
   
LINKS
自己紹介
その他
    処理時間 0.093965秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
 

海外市場に進出する保険会社
自動車保険TOPの東京海上日動を参加に持つミレアホールディングスが海外の保険会社を買収しました。ぎょ日本市場は少子高齢化が進み自動車保険市場が拡大する見込みはありませんので当然の流れともいえます。最近は新車登録台数も伸び悩み、元気なのは軽自動車ぐらいでしょうか?車

 自動車登録台数が限界に達している中で今後自動車保険市場が伸びる要素として欠かせないのは「高級車へのシフト」です。高級車の定義は様々ですがボブの感覚としては400万円以上です。実際のところ軽自動車の保険料と比べると高級車は2倍ぐらいの保険料を稼げます。チョキ

 日本国内で様々な高級車が走ればドライブしていても見ていて楽しいですね。バブルの再来でもない限り難しいかなあ。


フジサンケイビジネスアイから以下引用メモ

「東京海上日動火災保険を傘下に持つミレアホールディングスは14日、英保険持ち株会社のキルンを買収し完全子会社化することで合意したと発表した。買収金額は4億4200万ポンド(約1061億円)で、日本の保険会社による海外企業のM&A(合併・買収)としては過去最大の規模となる。キルンは傘下の損害保険会社が、世界最古の保険組合として知られる英ロイズのメンバーとなっており、ミレアでは「ロイズの主要プレーヤーとしての地位を確立したい」としている。

 国内市場が少子高齢化で縮小するなか、大手生損保各社は海外事業を強化しており、M&Aもさらに活発化しそうだ。

 キルンは、英領バミューダに本拠を置く。損保子会社はロイズで保険引受規模4位の実績を持ち、火災保険などの企業向け販売を中心事業に2006年末の収入保険料は4億2900万ポンド(1030億円)。

 ロイズはメンバーが共同で大型の保険を引き受ける保険組合。個人メンバーが保険金支払いに無限責任を負うことでも有名。日本の保険会社としては三井住友海上火災保険に続く、2社目の参加となる。

 ミレア傘下の東京海上日動が英監督当局の認可などを受けた上で、バミューダに特別目的会社を設立しキルンと合併し、キルンの株主から全株を取得する。来年3月を予定する買収完了後に、取締役の過半数を派遣する予定。キルンのブランド力を生かすため社名変更は行わない。

 ◆国内保険で過去最大

 国内保険会社の海外M&Aとしてはミレアが05年にブラジル系保険会社のレアルセグロスグループを約450億円で買収したほか、三井住友海上も04年に英系保険会社のアヴィヴァを約500億円で買収しているが、今回はそれを大きく上回る。

 ミレアでは、キルン買収などでグループ全体の利益に占める海外事業の割合を05年度の6%から15年には20~25%にまで引き上げる計画だ。

 保険業界では、大手生保でも日本生命保険と第一生命保険が海外M&Aの積極化を表明。第一生命は株式会社化を決め、日本生命も株式会社の資本金に相当する基金の引き上げを打ち出すなど準備を進めている。

 生損保ともに、少子高齢化の影響で死亡保障保険と自動車保険という主力商品が低迷しており、「国内市場に頼っていては、いずれジリ貧になる」(大手損保幹部)との強い危機感が、各社を海外市場の開拓へと駆り立てている。 」
| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
富士火災がセット型自動車保険販売開始
 保険金未払い問題発覚後自動車保険をシンプルにしようという動きが加速しています。新幹線生命保険や傷害保険に比べ自動車保険は分かりやすいですが、それでも特約が複雑化させていることは事実です。自動車保険は車を持っていれば必ず加入は必要な訳で、国民健康保険みたいなもんです。ボブはいっその事特約自体いらないんじゃないかと思っています。ぎょ

 富士火災は業界の順位は低いですが、事故報告から1時間以内に連絡したり24時間社員対応を提供したりあっと驚くサービスぎょを提供しています。けど営業力が弱くてなかなか広まらないのは残念です。しょぼん

富士火災ニュースリリースから引用
「富士火災海上保険株式会社は“お客さまに分かり易い保険商品の提供”を目的として、3つのコース(松・竹・梅)から補償内容を選択できるセットメニュー型自動車保険を『松竹梅シリーズ』として11月下旬より順次発売します。

 富士火災では、今年各保険種目において一部特約の廃止・統合を進めていますが、それに加え今般の『松竹梅シリーズ』の発売により、お客さまに補償内容や価格を比較する基準となる3つのコース(松・竹・梅)を明示し、その中で商品の価値を判断していただくことにより、現行商品においても、お客さまに分かり易く商品内容を理解していただくことが可能となります。

 『松竹梅シリーズ』の第1弾として、富士火災の中核代理店の組織である「FACEクラブ注1」および「FMPClub注2 」の会員代理店向けに、富士火災の最上級自動車保険「ひとつ上を行く自動車保険ベリエスト」を中心に3つのコース(松竹梅)を設定した「F‐GUARD」を発売します。

 富士火災では、今後もお客さまに分かり易く商品内容を理解していただくための一環として、代理店の販売能力や特性に応じたセットメニュー型自動車保険を『松竹梅シリーズ』として順次拡大していく予定で、中古車販売店代理店向けのセットメニュー型自動車保険の販売を『松竹梅シリーズ』の第2弾として予定しています。 」
| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
楽天が自動車保険見積もり市場に参入
にかっ
 ネット販売の草分け的存在の楽天がついに自動車保険一括見積もりサービスを開始しました。音符

 「楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、インターネットショッピングモール「楽天市場」内の保険販売サイト「楽天の保険」において、『自動車保険一括見積もりサービス』を開始しました。
 
このサービスはお客様が自動車の情報や契約条件などを一度登録するだけで、複数社の自動車保険の見積りを簡単に一括表示して比較することができます。
 「比較して自分のニーズに合った自動車保険を探したい」、「多忙のため、オンライン上で契約手続きを行いたい」というお客様の要望に応えることのできる利便性が高いサービスです。
 
また、サービス開始に合わせ、自動車保険契約キャンペーンを実施いたします。」日経プレスリリースより引用ラーメン

保険の資料請求というとなにか面倒なぷん気がしますが、楽天の利用度は高いようです。買い物レビューを見てみると資料請求が活発的に行われているのが分かります。現在はスタートキャンペーンをしていますのでキャンペーン目的も多そうですが、今ままでの楽天のサービスをみれば成功しそうな気がします。ぎょ

 いずれは楽天も金融コングロマリット化していくのでしょうか?今後の動きが気になります。



| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
銀行窓口で自動車保険販売解禁

「銀行の窓口ですべての保険商品を販売できるようにする保険の銀行窓販の全面解禁をめぐり、自民党は22日午後、金融調査会を開き、 予定通り12月22日の全面解禁を正式に了承 した。」というニュースが発表されました。ぎょ

以前は銀行・証券・保険・と垣根が別れ其々別の業界への進出は出来ませんでした。銀行が保険の扱いを開始する事で、色々な論議がありましたが、お客さんに取っては選択する場が増えていいのかもしれません。

 けどボブの結論は「餅は餅屋」 です。銀行員はいろいろな分野を勉強しています。保険はあくまで一部です。専門家にはかないませんね。
| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
保険金未払い調査完了
2005年から調査が開始された保険金未払い問題が一応完了しました。
損害保険26社による調査で、2002年4月~2005年6月の不払い件数は合計で約50万件、総額で約350億円に達しました。時間が掛かった要因の一つとして人身傷害補償保険が上げられます。

 人身傷害補償保険金請求の時効の問題もありますが、2002年まで遡って有責として判断したわけです。今後は同様の問題を起こさないよう支払いの精査をしていく事が最重要事項だと思われます。

 調査は簡単なようですが、自動車保険の場合加害者側から賠償を受けている場合、その賠償額を確認した上で支払額が決定されると言う 人身傷害補償特約という種目があるので簡単には行きません。

①契約者から同意書入手
②加害者保険会社に賠償内容問い合わせ
③賠償内容を確認した上で再計算
④人身傷害補償特約の支払額決定

相手保険会社がある場合はいいですが、相手が無保険の場合などは大変ですね。

| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
三井住友海上が保険金未払い調査完了
2005年に始まった保険会社の「保険金未払い問題」ですが遂に終息が見えてきました。
一部業務停止命令まで受けてしまい信頼回復が最優先事項である三井住友海上です。

ただあくまで調査が完了したというだけで、件数・金額は明らかにされていません。どういうことかというと調査が完了しても、契約者に振り込み支払額が確定しないといけないのです。特に自動車保険の場合修理代は修理工場に振り込むので、特約が漏れていた場合契約者の口座を調べないといけない訳です。引越しや契約移転などで連絡がつかないという問題があります。

ただ一番は評価できる姿勢ですね。過去何年かの支払済み案件を見直すのは膨大な作業です。三井住友ぐらいの規模になれば、いくら社員が多いといっても日常業務をあるわけですから、ホントお疲れ様という感じですね。

けど客観的にみれば自業自得といわざる得ません。契約者も今後は保険を勉強し理解する必要がありますね。

| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
日本興亜損保の格付け引き上げ
日本興亜損保の格付けがA2からA1に引き上げされました。

理由は自動車保険の扱いに重点を置いていることが上げられています。
自動車保険は価格設定に間違いが起きにくく、安定した売上をもたらします。

査定網の配備など維持費はかかりますが、安定収益源である事は事実です。

損害保険会社の格付けが上がることは、安定した経営が行われている訳ですから
契約者としては嬉しい限りですね。

業界TOPの東京海上はムーディーズで2ランク上のAa2です。
やはり別格ですねえ。

| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
郵便局で自動車保険を販売開始
日本郵政公社で自動車保険の扱いを開始するらしい。
現在は損害保険商品を提供する保険会社を選定中との事。

昔から簡保の名称で生命保険を扱っていた郵便局だが、損害保険については
あくまで商品の販売だけで、損害保険商品を作る訳ではないらしい。

郵政民営化についてはいろいろな論議があるが、あれだけ大きな企業が
損保に参入した際にはどのように変わっていくのか非常に興味深い。

現状は販売だけでもいずれは商品開発に乗り出す可能性は大いにある。
日米保険協議・外圧による保険の自由化からはや10年。
今度は国内で眠れる獅子が目覚めようとしている。

今後どうなるか続報が入り次第、また記事にします。

| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
あいおい損保がネットで事故受付開始しました
国内大手損保で自動車保険に力を入れているあいおい損保ですが、
今年からインターネットで事故の受付を開始しました。

ネットで事故受付と言うと三井ダイレクトが有名ですが、代理店網を抱える国内損保も導入を開始しました。

みんな口癖のように「忙しい」を口にする現代社会。やはり24時間話さないで事故受付
できる利便性は欠かせません。

ボブも一度ネットで事故報告をした事がありますが、意外と簡単です。
事故の事を詳細に聞いて欲しい人は電話の事故報告。
保険会社に任せて解決すればいい位の人はサラッとネットで報告。

時代の流れを感じますねえ。

| ボブ | comments (0) | trackback (0) | 保険ニュース::2007年 |
このページの先頭へ