三井住友海上・あいおい損保・ニッセイ同和の3社が09年秋にも経営統合

三井住友海上・あいおい損保・ニッセイ同和の経営統合の話題が出ました。俄かには信じられない話ですが実現すれば業界の勢力図が一変されます。長年の栄華を極めていた東京海上の首位陥落・・・・。まさかこの3社が統合なんて夢にも考えられないことです。

もとは三井海上・住友海上・千代田火災・大東京火災・同和火災・ニッセイ損保と6社でした。今は3社になり、来年には1社に!損害保険会社はますます数が減っていきますね。となると心配されるのが寡占化に伴う価格決定力の拡大です。消費者としては多くの企業が存在し、自由競争により価格が決定される。神の見えざる手が希望です。

ヤフーニュースから引用

【損害保険大手の三井住友海上グループホールディングス、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社が09年秋にも経営統合することで最終調整に入ったことが28日明らかになった。統合が実現すれば、一般事業会社の売上高に当たる保険料収入の合計で東京海上ホールディングスを抜き、損保業界トップのグループが誕生する。

 景気後退による市場低迷や金融危機に伴う業績悪化に対応し、ぎょーん経営統合で業務の効率化を進め、競争力を強化する狙いとみられる。損保業界の勢力図を塗り替える大型再編が実現すると、生命保険や銀行など金融業界全体の再編を加速することも予想される。1月中にも最終判断する。統合の形式は持ち株会社方式が有力とみられ、将来的には合併も検討する。統合でシステム効率化などの経営合理化が図るとともに、営業基盤を拡大して競争力を高める効果が期待される。

 08年3月期決算の保険料収入は、損保業界2位の三井住友、4位のあいおい、6位のニッセイ同和の3社を合計すると2兆7000億円を超え、首位の東京海上の約2兆2000億円、3位の損害保険ジャパンの約1兆3000億円を大きく上回る。損保業界は、国内の景気悪化による新車販売の不振や住宅市場の冷え込みで、主力の自動車保険や火災保険の販売が頭打ちとなっている。少子高齢化による市場の縮小も販売低迷を招いている。

 さらに、金融危機の深刻化で金融市場が混乱し、損保各社が保有する株式や証券化商品などの価格が急落して08年9月中間決算では大幅な損失を計上。三井住友、あいおい、ニッセイ同和の3社の最終(当期)利益も前年同期比で大幅な減益となった。】