自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

自動車保険付帯サービスも充実しています

通販自動車保険は代理店のいない直販営業の為、契約に誘導する際に、「営業マンの一押し」を期待できません。出来ることは魅力的な商品(安い保険料)と利便性のあるサービスの提供です。

お客さんは色々な保険会社のサービスを調べ一番お得な会社で契約をします。

付帯サービスの向上」は保険の料率戦争が激化した現在、重要なファクターです。自動車保険の付帯サービスはどの程度役立つのか?そんな疑問もありサービスを金額換算で考えて見ます。

今回は、2008年通販自動車保険に参入したSBI損保を検証します。後発の損害保険会社で、他社のサービスを見てから参入していると思われます。    

 PR 一番安い自動車保険がわかる!

SBI損保の付帯サービスについて
レッカーサービス ⇒3万円相事故や故障の際は50kmまで無料サービスです。しかもSBI損保の指定の工場であれば無制限の搬送が可能です。 レッカー代は意外と高額です。基本料金で1万円で別途作業料金と搬送のメーター料金が取られます。仮に日中に事故で30km搬送したら、「10,000円+15,000円」で最低30,000円は掛かります。
緊急修理サービス ⇒15,000円相当車を運転していると必ずトラブルに遭遇します。あわてて鍵を閉じ込めてしまったり、バッテリー上がりや、エンジンが掛からない等・・頭痛いですね。 そんな軽微なトラブルを解消してくれるサービスです。約30分の作業代金が無料になります。 鍵の閉じ込めは約1万円ぐらいバッテリー上がりだと15,000円ぐらい掛かります。
落輪引上サービス ⇒15,000円相当雪道とか山道で落輪すると悲惨です。正直どうしよもうありません。レッカー会社の出番です。自動車保険には無料のレッカーサービスがついているし一安心と思ってはいけません。通常ウインチを使って引き上げる作業は無料サービス対象外で実費がかかります。(ボブも以前お願いしたとき出動料は無料でしたが、ウインチ代で5,000円取られました。トホホ。)ウインチ無料はいざという時助かるサービスです。
ガス10㍑無料 ⇒1,400円相当 保険期間中に一回のみですが、ガス欠で車両が動かなくなった際に10㍑無料で給油してもらえます。10㍑あれば最寄のスタンドを探せますね。 リザーバーがあるからなんて思っていると突然止まります。呆然とする瞬間です。
総括損保の付帯サービスは侮れません。以前は免許を取得したらJAFに加入は定番でしたが、自動車保険にレッカーサービスが付いた事でJAFに加入しなくても安心して車を運転出来るようになりました。 2013年現在レッカーサービスで距離が一番長いの番はチューリッヒ保険の「100kmまで無料」ですが、SBI損保の場合指定工場なら無制限で搬送可能です。しかも納車無料!これは大きなサービスです。旅行先の山の中で事故した場合、最寄の工場まで20kmなんてよくあります。ゴルフで田舎に行く時も危険です。で納車無料なら引き取りに行く費用が掛かりません。(交通事故の際引き取り費用でよく揉め事になります。) 当初は落輪した場合、レッカー会社が駆けつける費用はサービスで、ウインチを使用し引き上げる費用が実費・・結局サービスじゃないじゃんという思いがありました。今はサービスの対象です、恐らく契約者からの要望が強くサービス拡大に踏み切ったものと思われます。 ちなみにJAFの年会費は4,000円です。JAFは個人で契約するタイプで自動車に付帯する訳ではありませんが、そうそう他人の車は運転しませんし、損保の付帯サービスは同額の価値があるとボブは考えます。 【追記】 チューリッヒ保険でも指定工場ならレッカー無制限のサービスは実施しています。

コメントは受け付けていません。