自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

自動車保険の自動継続って何?

自動車保険は1年更新が基本です。最近は複数年契約で保険料を割り引く新たな契約方法も発売されていますが、まだまだ単年度契約が主流です。生命保険等と違い損害率が安定しない為あまり長期の契約を引き受け難いという背景もあります。 わかり易く言うと、生命保険は死亡率によって保険料が算出されますが基本的に人の死亡率は昔からあまり変わりません。一方で損害保険は、色々な自然災害・外部要因等で危険率が常に変わってくるわけです。それ故短期で保険料率を見直していく訳です。 短期で契約・通常自動車保険は1年ですので、毎年更新の時期を迎えます。けど忙しくて更新を忘れていた場合一体どうなるのでしょう?当然保険は契約して保険料を支払って保険契約は成立します。うっかり保険の更新を忘れて交通事故を起こしてしまった。そんな場合は保険は免責で自己負担するしか方法がないのでしょうか?  

 PR 一番安い自動車保険がわかる!

 契約者を救う自動継続システム
保険料の扱い保険は保険料を支払って初めて有効になります。事故がおきた時、保険会社の担当者が最初にやることは保険料が入金されているかという事です。保険料未納の事故は保険の対象外です。
継続契約保険は1年更新が基本です。更新の時期になると代理店の営業マンが次年度の継続契約に向けて動き出します。営業マンが成績を伸ばしたいという意向もあり自動車保険の継続をし忘れるという事は通常ありません。 しかし通販の自動車保険は継続のご案内がお手紙で届くだけです。忙しい時はうっかり忘れてしまうことも多いですね。うときは当然お金を払って商品を貰います。
救済措置うっかり継続契約を忘れて交通事故が発生。結果保険が使えないという状況は契約者にとって最悪です。 そんな状況を救うために、通販の保険会社では通常契約失効後30日以内であれば保険を継続したと見なして保険を適用する自動継続の特約が付帯去れています。
継続意思あくまで30日救済は契約者のうっかり更新忘れ・入金忘れを救済するための特約です。こういう特約がついていると安心して通販の自動車保険に加入できますね。
SBI損保継続契約のうっかり忘れもありますが、子供が免許を取得し契約の追加漏れも結構あります。そんな時一定条件下で補償する特約もついています。(新規運転免許取得者に対する自動補償特約)

コメントは受け付けていません。