自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

2007年度元受収保ランキング

損害保険会社の規模の把握は少々やっかいです。通常の事業会社にあたる売上高ですが、元受収入保険料と正味収入保険料があります。その訳は損保会計にあります。損害保険会社はお客様から保険料を頂き、リスクを引き受けます。あまりリスクを引き受けすぎるといけませんので、再保険という形で他の保険会社にリスクを転嫁します。出再(しゅっさい)といいます。逆に受再(うけさい)も当然あります。

ここではあくまで元受収入保険料でランキングを紹介いたします。再保険うんぬんは一般消費者には関係ありません。

予断ですが受再・出再や再保険契約の仕組みを本当に理解している人は損保社員の1%以下かなあ。それ程特別な世界です。ボブはさっぱり分かりません。

 

 PR 一番安い自動車保険がわかる!

 会社名自動車保険元受正味収入保険料(前年比)
1位ソニー損保480億円(圧勝です。ソニーブランド恐るべし。)
2位チューリッヒ保険293億円(CAREのイメージ戦略大成功。)
3位三井ダイレクト262億円(三井ブランド・・強いですね。)
4位アクサダイレクト260億円(三井ダイレクトと安さで勝負中。)
5位アメリカンホーム194億円(数年前は1位でした。激動の業界です。)
6位そんぽ2472億円(日本興亜と住み分けでマイペース?)

 

インズウェブ見積もり取るなら一括で何社か比較した方が検討できます。他にも何社か比較してみて、より良い保険を選ぶのが賢いやり方です。500円の商品券も貰えてお得ですね。

コメントは受け付けていません。