自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

2014年度(平成26年度)元受収入保険料ランキング

★2014年度(平成26年度)元受収入保険料ランキング★

通販自動車保険解禁から16年が経過しました。ソニー損保の独壇場です。この流れは変わることはないと思われます。品質へのこだわりとCM量・・ダイレクトの自動車保険はSONYと皆が意識をしだしています。

 注目株はアクサ損保とイーデザイン損保です。ソニー損保は独走態勢ですが、確実に差を縮めているアクサ。巨大資本をバックに通販市場に乗り込んだイーデザイン損保。急速な伸びを見せていますが、損害率が64.6%と上昇傾向です。売り出し当初は拡大重視なので止むを得ないと思われます。

通販保険は、まだまだ全体から見れば小粒ですが、個人自家用7車種に絞れば市場シェアは10%は超えたと思われます。 2014年度の通販の自動車保険規模は約2,648億円。前年比で5.1%伸びています。やはり通販の安さには勝てません。

PR 一番安い自動車保険がわかる!

 会社名自動車保険元受正味収入保険料(前年比)
1位ソニー損保816億円(3.6%) 13年連続増収の快挙です。
2位アクサダイレクト442億円(8.3%) チームアクサ上昇中。
3位チューリッヒ保険354億円(7.3%) 前年4位からランクUP。
4位三井ダイレクト345億円▲1.5%) 少し伸びが落ち着きました。
5位SBI損保256億円(10.5%) 勢いは止まりません。
6位イーデザイン167億円(18.6%) 東京海上の後援は強いです。
7位そんぽ24140億円(2.6%) 損保ジャパン日本興亜グループ。
8位アメリカンホーム128億円▲4.4%) 下降気味です。

 

インズウェブ見積もり取るなら一括で何社か比較した方が検討できます。他にも何社か比較してみて、より良い保険を選ぶのが賢いやり方です。500円の商品券も貰えてお得ですね。

 

コメントは受け付けていません。