交通事故が揉めるのはなんで?物損編

交通事故は揉めますね

いくら安全運転をしていても交通事故は突然やってきます。世の中に事故を起こしたくて起こす人はいません。一瞬の「気の緩み・油断・脇見・考え事」が交通事故を引き起こします。交通事故はみなさんが考えてるより高い確率で発生し、社会にも大きな影響を与えています。日本損害保険協会の資料もみると1年で実に3兆4,000億円の損害が出ています。件数でカウントすると年間700万件近い数字です。

結構多いですよね。で、いろいろ事故にあった人から話を聞く機会も多い訳です。しかしながら円満解決した場合はそれ程話としては伝わりません。揉めた時が結構強烈なイメージとして残る訳ですね。損害保険会社は「法律上の賠償責任」を担保するだけです。法律上はそれで問題ないわけですが、法律と人情は違います。それが揉める原因の一つになる訳です。

交通事故はどんな時にトラブルになるのか?またどういう対策が考えられるのか。今回はそれを考えて見ます。

駐車場内の事故

駐車場内は、基本は道路交通法が適用されない私有地です。どちらが優先道路といった優位性は存在しません。

それ故駐車場内は50対50双方責任が発生するのが基本です。しかしながら「止まっいた・動いていた」「停車位置の問題」「道路に該当するのでは」と意外と揉めることが多いですね。

なんでそうなるの?

やはり私有地と言うのが大きな問題です。また損害額もそれ程大きくないので判例として確立していない一面もあります。また駐車場と言ってもコンビニの狭い駐車場からホームセンターの区画整理されている駐車場まで内容は様々です。

対策方法

車両保険契約があるなら、車両保険を使用して後は保険会社に任せるのが一番楽だと思います。金額がそれ程大きくないので、お金の問題というより気持ちの問題になると解決が長期化する事が多いようです。

また不特定多数が容易に出入りでき、ある程度交通量が確保されている場合など道路上の事故として考える場合があります。現場の確認をして、どう主張していくか対策を練りましょう。

駐車場内の事故は

①即座に円満解決

②長期化のどちらかです。

②になってしまうとなかなか接点を見出すので難しいですね。