自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

★交通事故車買取についての解説★

搭乗者傷害保険についての解説交通事故に遭った車はみなさんどうしていますか?車両保険であれば分損なら修理。(車両保険200万円で200万円未満の修理。)当然100万以上の修理だと未修理でお金を受け取るのも考えの一つ。全損なら満額受領時を持って所有権は保険会社に移転しますが、高級車で無い限り保険会社もなかなか引取りません。今はリサイクル法などがあり簡単に粗大ゴミを捨てられない時代です。 一番いいのが全損・分損を問わず自分で車を引き取るのが正しい選択です。車は何年経っていても日本で駄目なら海外で再生利用される限り、古い車・いっぱい走った車でも価値がつきます。 10年前のカローラが30,000円で買取を受けられる場合もあります。これが普通に廃車をお願いすると、ナンバーを切るのに25,000円&車のスクラップ費用に20,000円で合計4~50,000円ぐらいかかります。その差は50,000円以上。 交通事故に遭った車でも買い取ってくれます。

 PR 一番安い自動車保険がわかる!

事故車は廃棄物じゃない資産です
事故車はどうなるの?使える部品を外して売却したり、そのまま海外に輸出されます。
パーツのリサイクル市場リサイクル部品を使うことで自腹で修理する時安く修理できます。
海外輸出新車の輸出と同じ。主にアジア中近東で再利用されます。
事故車は大切な資産日本の税制損害賠償上は価値は無くても、海外の人から見れば十分価値はあります。諦めないで。
全損時の所有権移転高級車・外車で無い限り、保険会社から見ればそうそう儲かるもんじゃありません。 ただしレクサスやベンツクラスですと全損受領時はまず所有権は移転されます。あきらめましょう。
事故車買取査定交通事故車を複数業者が査定してくれます。一番高く買い取ってくれる業者に売却しましょう。 上手く行けば廃車諸費用4万前後が浮くだけでなくお小遣にもなります。左記のサイトが一番使い易いですね。 古い車も買い叩かれる前に無料で比較査定してもらいましょう。

コメントは受け付けていません。