自動車保険の割引制度について

自動車保険の割引をしっかり理解する

自動車保険てホント高いですよね。毎年更新で、交通事故が無いのが一番ですが、事故が無いということは当然掛け捨てで、毎年保険料は出て行く一方です。まあ自動車という便利で危険な乗り物を乗ってる訳だから、自動車保険の割引制度の解説当然の支出といえば当然ですがね。

ただ自動車に乗っている殆どの人は、交通事故にあう事無く日常生活を過ごしている訳で、いかに自動車保険料を抑えるかというのは、重要な課題ですよね。最近は、「保険スクエアbang」などの自動車保険の一括比較サービスも浸透してきていますので、自動車保険料を比較するのが簡単になってきました。このサイトに遊びにきているか人であれば名前ぐらい聞いたことがあるかもしれませんね。

自動車保険の割引制度と一口でいっても、等級から免許証の色まで様々な制度があります。生活するなかで固定費として発生している自動車保険。割引制度を理解し、自分に合った一番安い自動車保険を契約しましょう。

一番大事なノンフリート等級制度

等級割引という言葉は自動車保険に契約している人ならば誰もが聞いたことのある単語ですが、初めて車を購入し自動車保険を検討される方もいらっしゃると思いますので解説をします。安全装置や家族限定で割引等色々ありますが、一番大事な保険料を決める要素はノンフリート等級です。

自動車保険等級は1級~20等級まで設定されています。新規契約は6等級でスタートします。自動車保険無事故等級割引制度で1年間めでたく無事故だと等級が1級上がって7等級になるわけです。等級が上がるにつれて保険料は割引されます。正式名称は「ノンフリート等級別料率制度」といいます。

自動車保険は運転者のリスクを引き受ける訳ですから安全運転でリスクの少ない人の保険料は安くなっていき、逆に事故を起こす人は等級がダウンし保険料が割高になるわけです。その方が不公平感が無くて良いですね。

1年に1等級しか上がらないのに、交通事故で保険を使用するといきなり3等級ダウンすのるの基本です。それ故保険金給付額が、次年度以降の保険料の負担増加額と比べて少ない場合は保険を最終的に使用しないほうがいい訳です。

示談交渉は保険会社にやってもらって最終的な賠償は自分で払うのはOKです。示談交渉はあくまでサービスなのでお金は当然かかりません。(というか弁護士が交渉している訳ではないので示談交渉料は発生しません。)

等級制度は運転する人の「自動車運転危険度」を示す制度です。他の保険会社に移る際は等級が継承されます。そうすることで公平で健全な保険制度が運営される訳です。悲しいことに自分の事だけ考え、等級逃れ(デメ逃れ)を試みる人もいます。そのような事実が後日発覚した場合、保険料の追徴・解除・事故があって発覚すれば保険が使用できなくなる場合もあります。