車両クラスによる保険料の違い

車両クラスによる保険料の違い

車両クラスという言葉はなかなか耳慣れない言葉だと思います。モータースポーツが好きな人であれば排気量のクラスのことかな?なんてイメージが湧くでしょうか?



車両クラスとは車両クラスによる保険料の違い自動車保険の車両保険の料金を決めるのに大きく影響のあるもの」なのです。具体的にはお車の危険度を1~9まで9段階で評価し保険料を決める基礎の数字としています。



同じ100万円の車両保険を付けたとしても最良の1クラスと最悪の9クラスでは車両保険料は4倍近く差が出てきます。それ故自動車を選ぶ際に自動車保険料を気にする人は少ないと思いますが、ランニングコストなどを心配しているのであれば、車両クラスが低い車を選べば良い訳ですね。



自動車保険は人によっては年間数十万円払っている人もいますので車両クラスもバカにできない選択方法です。単純に事故が起こりやすい車や盗難率が高い高級車等がが9クラスになるわけですが、それ以外にもいろいろ要素があります。詳細は当然企業秘密ですので公開はされていません。保険自由化以降、車両クラスは損害保険会社各社独自料率を採用している関係上、多少ずれてきているとは思います。



自動車メーカー自体が損保に資本参加してきた実情を考えて見ると同一車種でも損害保険会社間で車両クラスが変わることも十分に考えられます。保険を選ぶ際には比較見積が欠かせない理由がココにもある訳です。



各車両クラスの代表的な車をまとめて見ましたので、参考にしてくださいね。車両クラスは毎年見直しされます。前年事故が少なければクラスは下がります。あくまで参考程度に見てください。

車両クラス⇒3
マーチ・ヴィッツ等の小さめのお車が多いです。このクラスの車両保険料は安価です。
車両クラス⇒5
マークX・カローラ等セダン・ワゴンタイプの一般車は大抵、6から4の間です。
車両クラス⇒9
GT-R・ベンツS・ポルシェ等スポーツカーや高級車・外車が中心です。いずれはこのクラスの車に乗りたいものです。。