自動車保険の継続契約割引

継続契約割引とは?

自動車保険の安全装置割引の解説自動車保険の割引制度の一つに各社「継続契約割引」という制度を導入している。そんなにあせんないでゆっくり選ばせてよと言いたいですが、自動車保険会社にしてみれば、早く決めてもらいたい訳です。なんででしょう?



自動車保険というのは損害保険会社の主力商品ですが、損害保険会社にしてみればそれ程効率のいい商品ではありません。自動車保険を運営する為に、査定社員・調査網を全国に配置し、しかも交通事故は頻繁に発生し保険請求があがります。しかも解決するのに時間がかかります。正直なとこ自動車保険で利益を確保していくのは非常に労力がかかります。



それよりは損害保険会社にとっては、火災保険・新種保険・傷害保険の方が全然楽に利益が確保できます。ただし自動車保険は一般にとって認知度が高い保険なので、どこの保険会社もこの分野に力を入れざる得ない訳です。一年ごとにころころ保険会社を変えていく移り気な契約者(損保会社から見た場合)を、僕の元から行かないでとつなぎとめる為に、各社早期割引を導入している訳です。



自動車保険は自動車の販売台数が劇的に増えない限り、自動車保険の市場は大きくなりません。もう完全な飽和市場な訳です。継続率を高めるというのは、ある意味新規契約を取るより楽ですよね。各損害保険会社の営業の担当者は継続率を高める為に、いろいろなサービスやメリットを提示しています。

まとめ

継続契約率UPの為に会社色々なサービスや割引制度を導入していますね。まさに顧客の囲い込み運動です。単純に保険料を割引いていくタイプと付帯サービスで顧客を囲い込むタイプと2種類あります。

個人的な感覚としては、あくまで自動車保険料を削減していきたい訳なので、三井ダイレクト損保やソニー損保など金額がハッキリしているほうがありがたい。

一方で各社が展開している付帯サービスは非常にハイクオリティであるのも事実である。鍵開け一つとっても実費負担になれば大幅出費だし、クラブオフなどの旅行サービス等は割安である。一つの選択として、自動車保険を選ぶ際に車で出掛ける事が頻繁な人は付帯サービスが充実している会社を選択するという新しい自動車保険の選び方の時代が来たのかもしれない。

ただ従来どうり安い自動車保険が一番という選択方法が基本であることは真実だと思う。