自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

車の買替時期で節約

車の維持費を節約しましょう自動車は消耗品いつまでも乗り続けられるもんじゃない。自動車は廃車寸前まで乗りつぶすって考えで買い替えは新車登録から11年目の車検時って考えてました。(以前は10年目以降は毎年車検と言う名の地獄が待ってました)1995年から10年車検制度は廃止になりました。

ただ平成13年度から自動車税金制度が変更になりました。なんと新車登録13年以降のガソリン車は一律10%の超過課税が課せられます。最悪だああ。まあ逆に燃費のいいエコカーを購入すれば税金は安くなります。

自動車税のポイントスポーツカー好きとしては悲しい限りです!日本にはかつてのヨーロッパのようにスポーツカーを育てようとするムードは無いらしい。ちなみにNOxについてですが、物が燃える時は必ず、大気中の窒素が酸素と結合して窒素酸化物発生します。自動車エンジンは高温燃焼の為、一酸化窒素が発生し、酸化されて二酸化窒素となり排出される。この2つが窒素酸化物です。窒素酸化物は体にわるいし、オゾンや光化学オキシダントの元になります。大気汚染防止法等により対策が進められているがなかなか進まない。恐ろしいですね。

最後に自動車税の区分を確認しておきましょう。

税金10%UP
新車登録13年以降のガソリン車と11年以降のディーゼル車。

税金13%Down
国土交通省が規制する排ガス規制値よりNOx(窒素酸化物)が25%以上少ない車。ハリアーとかカローラ、パジェロとかです。(他にもいっぱいあります)

税金25%Down
国土交通省が規制する排ガス規制値よりNOx(窒素酸化物)が50%以上少ない車。オデッセイとかステップワゴンとかです。(他にもいっぱいあります)

税金50%Down
国土交通省が規制する排ガス規制値よりNOx(窒素酸化物)が75%以上少ない車。これはもう電気自動車や天然ガスエンジン搭載車のレベルですね!例えばプリウスとかシルフィですね。

コメントは受け付けていません。