自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

レギュラーガソリンとハイオクの違いを解説します

レギュラーとハイオクの違いガソリンにはレギュラーとハイオクがあります。正式名称はレギュラーオクタン価とハイオクタン価です。オクタン価とはガソリンを爆発させる時の着火点の高さのことです。オクタン価が高いほど着火点が高くなります。つまり着火点が高いのでハイオクの方がより混合気を圧縮できて、爆発時に大きなパワーが得られます。スポーツカーが好きな私にとってハイオクは欠かせないものです。ただ何故かレギュラーよりも10円程度高い。なんででしょうか?そんな不満を解消する為にハイオクを入れ続ける理由を探してみました。

【洗浄剤】
最近のハイオクは洗浄剤が入ってるので、エンジン内に付着したカーボンなどを除去してくれます。つまり燃費が向上しエンジンに優しいのです。

【カーボン除去効果】
基本的にハイオク指定車にレギュラーを入れても問題はありませんがエンジンの性能は十分に引き出せません。レギュラー指定車にハイオクを入れた場合、性能自体はあがりませんがカーボン除去効果はあります。レギュラーとハイオクの違い

【ボブの見解】
ハイオクと言うと高いしそんなわざわざ入れる必要もないんじゃない?という意見が一般的と思われます。ハイオクとレギュラーじゃ10円ぐらい違うから大きいけど先のことを考えると10円の差は小さいと思う。ハイオク指定車はハイオク入れて、レギュラー車もたまにハイオクいれて綺麗にしましょう! ボブは「ハイオク満タンが合言葉」です。今回は少々エコライフに反しますが、人生矛盾が多いものです・・・・。

PR 一番安い自動車保険がわかる!

コメントは受け付けていません。