自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

★自動車保険がなかったらどうなるの?★

★自動車保険がなかったらどうなるの?★

自動車保険会社に関する検索をすると色々なサイトがあります。交通事故の時に賠償の窓口になるのが自動車保険会社の担当者です。想像するだけで交通事故の示談担当の仕事は大変そうですね。交通事故は多くの人にとって非日常の出来事です。

一方で自動車保険会社の担当者からみれば日常の仕事な訳です。そんな温度差もあり、保険会社とトラブルになるケースもあります。 しかしながら自動車保険会社があるおかげで、自分が加害者になっても被害者になっても非常に助かっている事実は見過ごされがちです。今回はそもそも自動車保険がなかったらどうなるか考えて見ましょう

 

 自動車保険がなかったら?
治療費は立替請求交通事故の治療費は通常自由診療で計算されます。健保の2倍ぐらい掛かります。自動車保険会社は病院に電話して「一括払いでお願いします」と言うだけで、治療費を月末保険会社に請求してくれます。これで加害者・被害者共に治療費を立て替える必要がなくなります
修理代は現金清算自動車の修理代金は結構かかります。大事故になればもう一台車かえるんじゃないぐらい掛かる時もあります。自動車修理は商品です。スーパーで物を買うときは当然お金を払って商品を貰います。修理も同じです。修理代金を払って車を受け取ります。自動車保険があれば「後は自動車保険で」の一言で車を受け取れます。自動車保険会社の信用のお陰です。
直接請求は大変やっぱり人間色々な人がいます。ボブは気が小さいので相手方にガンガン言って損害請求をする事は多分できませんね。自動車保険会社の担当者にはいえても同じ事を相手の目の前で言う事は想像以上にきつそうです。相手が反社会勢力等であっても場合によっては弁護士等を立てて交渉してくれる自動車保険会社は心強い存在です。
事故破産最近の交通事故は高額賠償が多い。追突した相手の自動車がマセラッティだったら最悪です。場合によっては修理代1,000万円コースです。こんな大金払えません。自動車保険に無制限で加入していれば自動車保険が払ってくれます。対人賠償では最近では2億近い賠償判決も出ています。
心身喪失交通事故の示談交渉は大仕事です。弁護士に依頼すれば軽症の対人賠償でも20万円前後かかります。自動車保険会社の賠償担当者も心労でリタイアする方も多いですね。自分の起した交通事故を自分で示談する。ちょっと想像したくないですね

 PR 一番安い自動車保険がわかる!

総括

ちょっと考えただけでも自動車保険という商品が発売されてなかったら過酷な状況に陥る事が想像出来ますねえ。自動車保険には車を持っている人の殆ど大多数が加入する商品です。

自動車保険会社は交通事故を円満解決する為に示談交渉行います。自動車保険会社の示談担当と言うと補償額を低く評価されかもなんてイメージもありますが、自動車保険はあくまで法律上の損害賠償責任を果たす為の物です。

最近問い合せのメールで補償額に関する質問が多いですが、自動車保険はあくまで法律上の賠償責任であり、それ以上の物を補償する商品ではない事。またそもそも自動車保険に相手が加入していなければ、その補償額を受領するだけでも困難を極める事を再確認しておく必要がありますねえ。

 

コメントは受け付けていません。