車両保険のくどいまでの解説

車両保険とは

自動車保険は数々の担保種目ごとに保険料が決められています。事故が多い種目は当然保険料が高いわけです。一番高いのは車両保険。逆に安いのは対人保険です。(自賠責で対人保険料を一部収めているため)つまり車両保険はそれ程使用頻度が高く、保険会社によっては保険料の半分が車両保険と言われています。

自動車保険料を削減するには車両保険を外すのが真っ先に考えられます。しかし、車の修理代金は異常に高い。ここを見逃しては大きな過ちです。

車両保険の種類

最近生保などでもそうですが特約が多い。自動車保険にも特約が多くなってきて理解が難しくなっています。車両保険関係の特約も多くなっています。まずは車両保険という商品を理解してみましょう。車両保険は基本は2種類だけです。一般車両保険と車対車限定A(エコノミー)です。自分の運転に自信があって、当て逃げされても諦められる人は、エコノミーの自動車保険に加入して自動車保険料を削減しましょう。

代車費用特約

交通事故で自動車を修理工場に入れた場合、基本的に相手方が100%責任のある事故で無い限り賠償してもらえません。レンタカーもカローラクラスでさえ一日7,000円前後します。その費用を賠償請求ではなく自分の自動車保険からし払ってもらう特約です。

事故付随費用担保特約

旅先などで事故にあった場合、臨時の宿泊や帰宅費用、またキャンセルになったコンサート代などを、賠償請求ではなく自分の自動車保険からし払ってもらう特約です。

車両全損臨時費用特約

車の損害が車両保険金額を越えた場合(全損)に、廃車費用や代替の費用の足しにするという意味で、5%~15%(10万~30万限度・会社によって違う)足して保険金が受け取れる特約です。

地震・噴火・津波特約

自動車保険会社はあくまで営利企業です。左記のような異常災害はリスクが高すぎるので引き受けしないのが基本ですが、保険料を追加する事で対象になります。仮に大型地震が一度起これば損害は莫大なものになり、自動車保険会社の経営に影響を与えます。

特約を理解する
自動車保険は基本は法律上の賠償責任を担保する為、また自分が賠償責任を負った時にそのリスクを転嫁する為の商品です。ただカーライフにおいて交通事故でなかなか相手に法律上請求できない損害もありますし、逆に盗難や自然損害に対する金銭的な自衛手段は貯金しかありません。

それ故自動車保険は金銭の心配なくカーライフを満喫できるように特約が発展しました。特約が多ければ多いほどいろいろなリスクを担保できるので当然保険料はあがります。