自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

自動車保険って、そもそも適正価格なの?


★自動車保険って、適正価格?★

2013年アベノミクスということでデフレからの脱却が示されました。デフレ経済の中であらゆるものの価格破壊が進んでいますが、今後はどうなるのでしょう??

薄型TVはいい例ですが価格破壊が進みました。発売当初は32型で20万以上しましたが、発売から10年なんと3万円で売られる時もあります。消費者としては嬉しい限りですが、感覚的には有り得ないですね。3万円で売って利益が出るとは到底思えません。企業は適正な利益が確保できなければ成長できませんし、従業員のお給料も増えませんね。

ところで自動車保険ってそもそも高いのでしょうか安いのでしょうか?無事故割引等級が価格に大きく反映しますので、客観的に判断は難しいですが、ボブの考えは「薄型TVと同じ状況」と考えます。今後引き上げをしていかないとどこかにシワ寄せが出てきてしまうと思います。

ボブは消費者なので安いに越したことはありませんが、自動車保険がないと困るのである程度の引き上げはやむを得ないなと感じています。(すでに各社値上げを始めています)
yasuiyo

@1997年の保険自由化以降競争が導入され価格破壊
@一括比較見積サイトの台頭で価格破壊が加速@通販型自動車保険で驚きの価格勝負の会社が出現
 

結果、事業別損益計算で自動車保険事業は各社軒並み赤字(黒字の会社は少ない)です。火災保険・傷害保険で利益を確保しています。しかしながら異常災害・台風等の影響・契約者が年を取ることで以前はドル箱だった傷害保険事業のあっか・・・損害保険会社は大変です。

自動車保険は安かったんだという判断です。適正価格は今より上と思慮します。以上ボブでした。(古畑さん・・またみたいな )

 

コメントは受け付けていません。