自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

賠償責任条項・第5条(保険金をお支払いできない場合-その1 対人・対物賠償共通)

★第5条(保険金をお支払いできない場合-その1 対人・対物賠償共通)★

(1) 当会社は、次のいずれかに該当する事由によって生じた損害に対しては、保険金を支払いません。

① 保険契約者、記名被保険者またはこれらの者の法定代理人(注1)の故意
② 記名被保険者以外の被保険者の故意
③ 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動(注2)
④ 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
⑤ 台風、洪水または高潮
⑥ 核燃料物質(注3)もしくは核燃料物質(注3)によって汚染された物(注4)の放射性、爆発性その他有害な特
性の作用またはこれらの特性に起因する事故
⑦ ⑥に規定した以外の放射線照射または放射能汚染
⑧ ③から⑦までの事由に随伴して生じた事故またはこれらに伴う秩序の混乱に基づいて生じた事故
⑨ ご契約のお車を競技、曲技、試験のために使用すること、またはご契約のお車を競技、曲技、試験を行うことを目
的とする場所において使用(注5)すること。
⑩ ご契約のお車に危険物を業務(注6)として積載すること、またはご契約のお車が、危険物を業務(注6)として
 積載した被牽けん引自動車を牽けん引すること。
(注1) 保険契約者または記名被保険者が法人である場合は、その理事、取締役または法人の業務を執行するその他
の機関をいいます。
(注2) 群衆または多数の者の集団の行動によって、全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持
上重大な事態と認められる状態をいいます。
(注3) 使用済燃料を含みます。
(注4) 原子核分裂生成物を含みます。
(注5) 救急、消防、事故処理、補修、清掃等のための使用を除きます。
(注6) 家事を除きます。

 

(2) 当会社は、被保険者が損害賠償に関し第三者との間に特約を締結している場合は、その特約によって加重された損
害賠償責任を負担することによって被る損害に対しては、保険金を支払いません。

SBI損保険・個人総合自動車保険・普通約款201404より抜粋

PR 一番安い自動車保険がわかる!

概容

この条文は重要です。保険が支払われない(つまり自己負担)のケースを定義しています。ポイントを解説します。

自動車保険の賠償条項は被害者救済という社会的使命がありますので、余程の事でなければ保険は支払われます。にかっ運転者が飲酒運転で事故をしても賠償保険は支払われます。
この条項にしたがって免責となるのは肌感覚ですが1000件中1件有るか無いかぐらいレアケースです。

(1)

まず故意で(わざと)事故を起こした場合は保険金は支払われません。わざと事故を起こして保険金を受け取れば詐欺です。2人で起こして保険会社から慰謝料をだまし取るなんてニュースがたまに流れますね。

地震・噴火・台風・洪水による事故も賠償保険の対象外です。地震等の異常災害は対象外です。rececarしかもそれに伴って発生したと思われる事故も対象外です。洪水が起き車が流されて誰かを傷つけたとしても、混乱の中では原因特定が困難です。

一寸面白いのが競技使用の文言です。レース場でレースに使うのはダメですが、レース場のお掃除はOKです。やけに細かいです。レースに使うのは危険性が高いので対象外ですが、サポートとして車を使用するのはOKという事です。なので清掃中・・・例えばごみを移動していた・・そんな時の事故は有責(保険が支払われる)です。

(2)

勝手に当事者間で約束した過大な賠償金は払いませんと書いてあります。

例えば・・相手の損害が100万円だっとします。新車で120万の車だったので新車で賠償しますと約束しても、保険金が払われるのは100万円です。20万円は法律上の賠償責任以上のものですので、保険では支払われません。

 

 

 

コメントは受け付けていません。