自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

賠償責任条項・第12条(損害賠償請求権者の直接請求権-対人賠償)

★第12条(損害賠償請求権者の直接請求権-対人賠償)★

(1) 対人事故によって被保険者の負担する法律上の損害賠償責任が発生した場合は、損害賠償請求権者は、当会社が被保険者に対して支払責任を負う限度において、当会社に対して(3)に定める損害賠償額の支払を請求することができます

(2) 当会社は、次のいずれかに該当する場合に、損害賠償請求権者に対して(3)に定める損害賠償額を支払います。ただし、当会社がこの賠償責任条項および基本条項に従い被保険者に対して支払うべき保険金の額(注)を限度とします。

① 被保険者が損害賠償請求権者に対して負担する法律上の損害賠償責任の額について、被保険者と損害賠償請求権者との間で、判決が確定した場合または裁判上の和解もしくは調停が成立した場合
② 被保険者が損害賠償請求権者に対して負担する法律上の損害賠償責任の額について、被保険者と損害賠償請求権者との間で、書面による合意が成立した場合
③ 損害賠償請求権者が被保険者に対する損害賠償請求権を行使しないことを被保険者に対して書面で承諾した場合
④ (3)に定める損害賠償額が保険証券記載の保険金額(注)を超えることが明らかになった場合
⑤ 法律上の損害賠償責任を負担すべきすべての被保険者について、次のいずれかに該当する事由があった場合
ア.被保険者またはその法定相続人の破産または生死不明
イ.被保険者が死亡し、かつ、その法定相続人がいないこと。
(注) 同一事故につき既に当会社が支払った保険金または損害賠償額がある場合は、その全額を差し引いた額とします。

(3) 第10条(当会社による解決-対人賠償)およびこの条の損害賠償額とは、次の算式によって算出した額とします。

被保険者が損害賠償請求権者に対して負担する法律上の損害賠償責任の額
マイナス
自賠責保険等によって支払われる金額(注)
マイナス
被保険者が損害賠償請求権者に対して既に支払った損害賠償金の額
= 損害賠償額
(注) ご契約のお車に自賠責保険等の契約が締結されていない場合は、自賠責保険等によって支払われる金額に相当する金額をいいます。

(4) 損害賠償請求権者の損害賠償額の請求が被保険者の保険金の請求と競合した場合は、当会社は、損害賠償請求権者に対して優先して損害賠償額を支払います。

(5) (2)の規定に基づき当会社が損害賠償請求権者に対して損害賠償額の支払を行った場合は、その金額の限度におい
て当会社が被保険者に、その被保険者の被る損害に対して、保険金を支払ったものとみなします。

SBI損保険・個人総合自動車保険・普通約款201404より抜粋

PR 一番安い自動車保険がわかる!

概容

直接請求権の定義をしています。この条項は保険会社の社員でも馴染みが薄いです。被害者が保険契約者の保険請求の意志に関わらず損害賠償請求が可能になります。一見すると保険契約者の意志を無視した条文に思いますが、大切な条文です。この条文があるおかけで被害者になった際に直接請求をかけられる根拠になります。

損害賠償請求とは本来損害を被った事実を元に相手へ請求する事になっています。しくしく裁判する際は損害の事実を証明する領収書等を添えて請求します。

厳密に考えれば、契約者が相手の損害を立替て、その立替金額を保険会社に請求するのが本来の仕組みです。女性ただそれをやると、立て替えられない人もいて示談交渉が揉めてしまいます。またほとんどの人が交通事故は初めてなので、なにをしたらいいか分からず、ごちゃごちゃになってしまいます。汗

そんな訳で「被害者は直接保険会社に請求していいですよお!」という契約者・被害者にとって有難い条項です。音符この条項は困った際にとても役立ちます。保険ってすばらしいと実感できる条文です。

2項

kanasii

保険が支払われる条件が明示されています。

裁判か書面で示談の合意ができている事が重要です。被害者保護の為加害者(被保険者)の死亡や相続人がいない場合は書面がなくても直接請求が可能です。

このケースは見た事はありませんが、被保険者が事故で即死の場合は、その車両にどこの任意保険が契約されているか調べる必要があります。実務的には弁護士が16条照会を行い判明する事が多いようです。

3項

4項

支払額を説明しています。対人賠償保険は自賠責保険がついているのが大前提ですので、自賠責分は支払われません。(誤解のないように説明すると任意保険会社が自賠責分も支払後日自賠責保険会社にその分を請求するので自分の会社からは支払わないという意味です。)とうぜん既払い額は控除されます。にぱっ

賠償保険は被害者救済が優先です。賠償金を被保険者が「自分から支払う」といって請求しても、被害者から請求があがれば被疑者優先です。すばらしい!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。