自動車保険ダイレクト【初心者から上級者までの保険解説サイト】

★三井ダイレクト損害保険の解説★

mitui201308三井ダイレクトは、1999年三井物産のグループ会社として産声をあげました。2000年に損害保険業の免許を取得し同年6月に営業を開始しました。

保険会社の中では珍しく、入院を伴う事故についてはすぐ来てくれるサービスを実施しています。補償の内容もシンプルですが非常にわかりやすい出来になっています。

また20代の人でも安くなる料率の設定。走行距離や免許証の色に関係ない割引料率設定。リスク細分型の考え方を突き破っています。

 

 

 会社名
サイト名自動車保険の三井ダイレクト
会社名三井ダイレクト損害保険株式会社
郵便番号〒112-0004
住所東京都文京区後楽1-5-3
電話番号0120-312-889(ミツイニハヤク)
設立1999年6月
資本金326億(2013年3月現在)
社員数503人(2013年3月現在)

PR 一番安い自動車保険がわかる!

保険の内容
商品名三井ダイレクト損保の自動車保険
対人・対物基本は何処の保会社も同じ補償内容と理解しよう。対物超過修理費用特約も発売しています。
無保険・自損何処の保会社も同じ補償内容と理解しよう。
搭乗者部位別払い(症状により支払われる)でスムーズなお支払。外すことも可能です。
車両保険どんな事故でも対象になるのと、車と車の事故にしか対象にならない2つのタイプに加えて、交通事故に置いて様々な費用まで支払ってくれるワイドもあります。
人身傷害家族を守る為に必ずつけましょう。一般タイプと搭乗中タイプの2種類あります。車を2台以上保有する人は補償が重複しますので、2台目以降は搭乗中タイプに限定して保険料を節約しましょう。
対物超過特約相手の車が全損になった時に一定条件のもとで修理代を支払います。
車内身の回り品特約車内に置いといたゴルフ用品等の動産が担保されます。
レンタカー特約修理期間中のレンタカー代の実費が補償されます。車がないと困る人には便利です。
指定工場入庫特約三井ダイレクトの指定工場に入庫すると2,000円支払われます。指定工場は通常修理代を損保に請求する際割引料金が適用されます。その一部を契約者に還元してくれます。いいですね。どうせなら修理代の3%とかの方がいいと思います。損保への値引きは2,000円以上と思います。
弁護士費用補償特約交通事故で弁護士に交渉を依頼する時の費用が払われます。弁護士相談の上限実費10万円はすごいです。
ファミリー傷害特約損害保険会社らしく、傷害保険も自動車保険にセット可能です。

 

評価内容
評価項目コメント
企業規模2012度収入保険料357億円。前年比103.2%で徐々に伸び幅は減少。3年連続黒字を達成。適正な利益は必要です。
格付け登録なし。ただし三井グループのバックアップがあり心配なし。MS&ADグループの通販部門の位置づけです。
顧客満足度2012年下半期の実績で96.0%。モンスターです。会社全体でこの数値はすごいと思います。どんなサービス・商品でもこの数値はなかなか達成できません。車両保険の平均支払日数は29.5日なので特段早い気はしません。 なぜかなと思ったら普通と回答したアンケートも満足に算定されていました。普通は普通なので満足ではないのではと思いました。
割引制度セカンドカー・新規複数・新車割引・ECO割引を実施中。更にネットで申し込めばなんと新規で4,000円の割引。(継続契約は3,000円引) ECO割引はいいですね。保険でECOカー普及をサポート。素晴らしい取り組みと思います。
顧客サービスカスタマーセンターの対応は問題ありません。24時間受付もしてくれるし、対応もテキパキしています。 またネットを有効活用しており新しい保険会社の形態を見させてくれます。今では当たり前になったオンライン契約もいち早く導入しました。更に保険証券廃止で割引など業界の革新に挑戦しています。 2004年10月から携帯電話で見積ができるサービスも日本で始めてでした。今はスマホで楽々できますが、当時は皆ガラケーです。
総合評価結論としてリスク細分型の保険でありながら、誰が申し込んでもある程度安くなることはありがたい。若年層にとっては大きなメリットがある。また事故対応にも力を入れており、休日の対応も期待できる。国内メガ損保グループに所属しており財務面での不安無し。 月払い契約方式も導入済みで、若年層には助かります。

 

インズウェブ見積もり取るなら一括で何社か比較した方が検討できます。他にも何社か比較してみて、より良い保険を選ぶのが賢いやり方です。500円の商品券も貰えてお得ですね。

コメントは受け付けていません。