自動車保険一括見積比較会社の解説

自動車保険ダイレクト自動車保険一括見積会社>自動車保険一括見積比較会社

自動車保険比較見積り準備編

自動車保険の一番のポイントは単年契約という事です。生命保険と違い乗り換えのメリットデメリットを深く考える必要がありませ自動車保険一括見積は便利ですねえん。その年その年自分の乗っている車や運転する人の家族構成などを考え自分の条件に一番合致する保険会社に契約すればいいのです。

保険会社によりターゲットにしている年代家族構成車両等が微妙に違います。

それ故毎年更新時に今加入の保険が最大効果を挙げているか確認する為にも毎年自動車保険更新時には一括比較見積りをとりその年の保険料をチェックしましょう!


自動車保険の考え方

基本の考え

 自動車保険に対する考え方は人様々です。しかし自動車という走る凶器を運転する以上人様に迷惑を掛ける事は避けたいですし、自分が被害者になる事もありますので補償を厚くするのが最善の策と思われます。
以下担保種目ごとに解説していきますので参考にしてください。 

対人・対物保険

 当然無制限にすべきです。死亡事故になれば億での賠償も稀にあります。対物は実際500万円以下が殆どですが、店舗に突っ込むとか追突した車がポルシェとかだと500万を越す時がありますからご用心。

自損事故・人身傷害補償特約

 自損事故保険は自爆事故で入院6,000円通院4,000円のお見舞金がでるのですが、あくまで定額払いなので、実費と慰謝料を担保する人身傷害補償特約をつけた方がより安心できるでしょう。

人身傷害補償特約は付けた方が安心です。過失減額されませんし、当て逃げや歩行中の事故でも対応してもらえるすばらしい特約です。少々高いですがこれはいいですね。 

搭乗者傷害保険

 人身傷害補償特約を付けていれば、おまけのお見舞金ぐらいの感覚でいいと思います。実際傷害保険みたいなものですから、契約から外せるのなら外しても差し支えないですが、その時は必ず人身傷害補償特約を付けましょう。

車両保険

 必ず車対車限定Aのエコノミーでもいいので付けときましょう。自分の車を守って初めて自動車保険と言えます。事故の際の車の修理代は一月分のお給料ぐらいすぐ吹き飛んでしまいます。
一度で何社もの保険会社の見積りを取れるサイトが何社もありますが、使い比べてみると保険スクエアbangが初心者にも使い易いと思われます。

車検証と現在契約の保険証券を用意して順番に進んでいくだけで、数社の見積りがすぐに取り寄せられます。見積りをとると500円のギフトカードを貰えるインズウェブなんてサイトもあります。早速見積りを取ってみて比較検証をしてみましょう。

当然利用は無料ですし、保険会社から電話がかかってくることもありません。そこらへんは心配する必要がないので安心して何社にも見積りが取れます。