任意自動車保険は必要なの?

任意自動車保険は必要なの?

損害保険会社各社の看板商品であり、損害保険=自動車保険というイメージがあります。損害保険で一般的なのはあとは、火災保険・傷害保険ぐらいでしょうか?

それはさておき、そもそも自賠責保険があるのに任意保険に加入する必要はあるのでしょうか?今回はそんな疑問を解決してみます!任意保険はその名前のとおり加入はあくまで個人の判断です。事故なんて起こさないよなんて人はわざわざ高い保険料を払う必要は全くありません。 ただし世の中で事故を起こしたくて起こしている人は一人もいません。

多くの人が人身事故に巻き込まれています。自分は安全運転していても事故に巻き込まれるケースも沢山あります。万が一交差点を青信号で進入したのに相手方に青を主張されたら・・・。優先道路を走行中に脇道から急に出られたら・・・。 車を運転する以上リスクは常に存在します。自分が如何に安全運転していても歩行者などに飛び出されたら車の責任は逃れることは自動車賠償責任法が存在する限り難しいでしょう。

任意保険に加入していない場合は、大腿骨骨折のコラムで詳しく賠償額なども説明しますが、自賠責の120万を超える部分は自己負担しなくてはいけません。また当然物損事故や盗難事故が起きた場合もその費用は自己負担です。 最高裁の判決を見てみると、対人事故では1億以上の判決も多く出ています。物損でも場合によっては2,000万円近い賠償判決もでます。お金がいっぱいある人でも、ココまでの自己負担は不可能でしょう。

そのリスクを転嫁する最良の方法が保険と言うわけです。 任意保険は加入すべきである。加入しないことは、人生の破綻のリスクを抱えます。これは偽りの無い事実です。

任意自動車保険に加入してなかったら・・・

事故形態 自動車保険加入なし 自動車保険加入あり
ひき逃げ被害を受けた 政府補償事業に請求します。時間もかかりますし、自賠法の基準ではなく過失相殺が適用されます。上限額も自賠責と同じです。 人身補償特約に加入していれば、保険金額まで過失減額される事無く補償が受けられます。自分が運転して賠償保険を使うわけではないので、保険料はあがりません。
友人の車で 事故が発生 友達の車の保険が家族限定などで使えない場合、自己負担で物損を賠償します。自賠責は使えますので傷害なら120万円なでは自賠責に請求して、それを超えたら自己負担です。

自分の自動車保険の他車運転特約で相手方に賠償できます。

保険会社によっては運転していた車の賠償も保険で対応してもらえます。

相手が100% 悪い被害事故 相手方から賠償金を受領します。 前者に加えて自分の保険会社からも、加入をしていれば搭乗者傷害保険と言うお見舞金が受領できます。賠償保険ではないので次年度の保険料が増加することはありません。

その他にも任意保険に加入していた場合としない場合に大きな差が出るケースは沢山あります。一番大きいのは無保険車傷害保険でしょう。これは相手の車が保険に加入していなく死亡・後遺障害を負ったケースで支払われる保険金です。このメリットは非常にありがたい。 やはり任意自動車保険は車と言う危険な乗り物を運転する以上、運転者が保険料を負担し、有事に備えるのは当然の義務と思います。

自動車保険がない世界

自動車保険という商品が発売されてなかったら世の中はどうなるのでしょうか。過酷な状況に陥る事が容易に想像出来ます。自動車保険には車を持っている人の殆ど大多数が加入する商品です。

自動車保険会社は交通事故を円満解決する為に示談交渉行います。自動車保険会社の示談担当と言うと補償額を低く評価されかもなんてイメージもありますが、自動車保険はあくまで法律上の損害賠償責任を果たす為の物です。自動車保険はあくまで法律上の賠償責任であり、それ以上の物を補償する商品ではない事。またそもそも自動車保険に相手が加入していなければ、その補償額を受領するだけでも困難を極める事を再確認しておく必要がありますね。

治療費は立替請求

交通事故の治療費は通常自由診療で計算されます。健保の2倍ぐらい掛かります。自動車保険会社は病院に電話して「一括払いでお願いします」と言うだけで、治療費を月末保険会社に請求してくれます。これで加害者・被害者共に治療費を立て替える必要がなくなります。この一括払い制度がなければ、リハビリで月10回通院の場合10万円近い治療費を負担する事になります。

修理代は現金清算

自動車の修理代金は結構かかります。大事故になればもう一台車かえるんじゃないぐらい掛かる時もあります。自動車修理は商品です。スーパーで物を買うときは当然お金を払って商品を貰います。修理も同じです。修理代金を払って車を受け取ります。自動車保険があれば「後は自動車保険で」の一言で車を受け取れます。自動車保険会社の信用のお陰です。

直接請求は大変

やっぱり人間色々な人がいます。ボブは気が小さいので相手方にガンガン言って損害請求をする事は多分できませんね。自動車保険会社の担当者にはいえても同じ事を相手の目の前で言う事は想像以上にきつそうです。相手が反社会勢力等であっても場合によっては弁護士等を立てて交渉してくれる自動車保険会社は心強い存在です。

事故破産の発生

最近の交通事故は高額賠償が多い。追突した相手の自動車がマセラッティだったら最悪です。場合によっては修理代1,000万円コースです。こんな大金払えません。自動車保険に無制限で加入していれば自動車保険が払ってくれます。対人賠償では最近では2億近い賠償判決も出ています。

心身喪失

交通事故の示談交渉は大仕事です。弁護士に依頼すれば軽症の対人賠償でも20万円前後かかります。自動車保険会社の賠償担当者も心労でリタイアする方も多いですね。自分の起した交通事故を自分で示談する。ちょっと想像したくないですね。